紫外線アレルギーの原因と赤ら顔との関係

紫外線アレルギーの原因と予防法を知って赤ら顔の悩み解消

 

紫外線アレルギー

 

 

赤ら顔というのは、顔の全体やほほや鼻の一部が赤くなっている状態の事です。毛細血管が拡張されるために起こる事だとされていますが、人によってさまざまな原因が考えられる現象です。

 

赤ら顔は皮膚への刺激やホルモンバランスの乱れなどにより血管が広がって、血流が盛んになった結果、赤ら顔になります。人によっては一つの原因で起こる状態ではない場合も考えられます。

 

○赤ら顔の主な原因

1.紫外線(日光)アレルギー
内因性と外因性の二つがあり内因性の場合は紫外線を浴びる事により皮膚がアレルギー反応を起こして急に皮膚が赤く腫れてしまう状態になる。外因性の場合は使っている化粧水や、内服している薬が紫外線を浴びる事によりアレルギー反応がおきてしまう状態になるということです。
外因性の場合、日焼け止めなどの化粧品を選ぶ場合は刺激の少ない無添加化粧品がいいでしょう。

 

 

2.皮膚の乾燥
肌が乾燥して水分量が少なくなると皮膚を守るバリア機能が低下して、肌が敏感になって赤みを帯びたり、ひび割れを起こしている状態

 

 

3.皮膚が生まれつき薄い
気温の変化により顔の毛細血管が拡張して他の人より赤く見えてしまう。
気温の変化により毛細血管が拡張する現像はだれにでも起こることで、特別な事ではありません。

 

 

4.にきびやアトピーなどの皮膚の病気が原因
ニキビができたりやアトピー性皮膚炎を発症すると皮膚が炎症を起こして赤ら顔になる場合があります。
ニキビの場合は皮膚の乾燥や、過剰な皮脂の分泌が原因であるため皮膚を清潔に保ち保湿力の高いクリームでのお手入れをおすすめします。
アトピー性皮膚炎の場合は乾燥や炎症での赤みや、皮膚をかくなどの行為で皮膚が赤くなることがあります、まずは皮膚科で肌の状態を見てもらった方がいいでしょう。

 

 

などいろいろな原因が考えられますが間違った治療法を続けてさらに毛細血管が透けて見える状態にもなりかねませんので治療には注意が必要です。

 

 

紫外線アレルギーと赤ら顔

 

紫外線アレルギー

 

 

赤ら顔とは毛細血管拡張症とも呼ばれている症状で、毛細血管に異常が生じたことで血液が滞り皮膚表面が赤く見えることです。

 

その原因が、普通の人が浴びても問題ない量の紫外線であっても、アレルギー反応が発生してしまう紫外線アレルギーという可能性もあります。

 

実は発症することで生じる肌の症状として、湿疹などのブツブツができる、皮膚が赤く腫れる、かゆみがでる、水ぶくれになるなどがあるのです。

 

このような症状により顔が赤くなってしまうことで悩む方も少なくないですし、花粉アレルギーのように突然発症するので驚くこともあります。

 

 

紫外線アレルギーの原因と予防法は?

 

 

紫外線アレルギー

 

 

自身が持つ抗体量の容量を超えてしまうとアレルギーを発症してしまうもので、その容量は人それぞれで違いがあります。

 

その為、たくさんの紫外線を浴びてもアレルギーを引き起こさない人もいますし、少しの量でも突然発症してしまう人もいるのです。

 

こうした内因性の原因があると共に、薬・日焼け止めクリーム・ファンデーションなど、様々な外的な物質による外因性の要因もあります。

 

予防の基本は何と言っても紫外線対策をすることが第一で、紫外線の強い10〜14時の時間帯に外出することを控える、日傘や帽子などで防ぐなどです。

 

また、天然成分100%の日焼け止めクリームを使う、免疫力をアップして紫外線に強くなるというのも、予防することにつながる対策と言えます。

 

それから皮膚科などの専門医の診断を受けて、適切な治療を受けることも予防と共に必要なことです。